こんにちは。少し更新しないうちに1ヶ月弱も経過してしまいました…(汗
まず、昨年ですが多くの方に当ブログの記事を読んでいただき、私にとって発展の年となりました。そして、2020年も引き続き質の良い記事をお届けできるようにぼちぼち頑張りたいと思います。

ということで、今回はKB EARから新フラッグシップイヤホンとしてリリースされたDiamondをご紹介します。
FullSizeRender
FullSizeRender
Diamondの名の通り、DLC(ダイアモンドライクカーボン)コーティングをされたPET製ダイアフラムを搭載したダイナミック型ドライバー1基のイヤホンです。PETダイアフラムの短所をDLCコーティングで補うという形でしょうね。これによって、<商品説明によると>スピード感・オーガニックさ(=有機的≒非人工的な音色⁇)・高解像度を実現したそうです。
FullSizeRender
筐体はアルミ製でカーボンのフェイスプレートがカッコいい仕上がりになっています。コネクターはフラット2pinタイプ。どこかで見たことある方もいらっしゃるかもしれませんが、どうやらDiamondはダルマオーディオさんのOEM商品のようですね。

価格はAmazon.co.jpにて9890円で販売されています。この記事を最後まで読んでくださった方にWTSUNオーディオさんから5%OFFクーポンをいただきました。是非ご利用ください!

開封
—————————————————————
FullSizeRender
パッケージはいつもと違って大きめの箱で届きました。
FullSizeRender
中を開けてみるとこんな感じ。今までのKB EAR製品 “低価格中華イヤホン感満載のコストカットされた小さいパッケージ”に対してこちらはいかにも“フラッグシップ感を漂わせる高級感のあるパッケージ”になっていますね。
FullSizeRender
さらに箱を開け進めるとこちら。シリコンイヤーピースは2タイプ/3サイズ/各3ペアとフォームタイプのイヤーピースが2タイプ/1サイズ/各1ペア。それからPUレザーのケース。そして、Diamond専用に開発された8芯の2pin 3.5mmプラグ ケーブルが付属します。
FullSizeRender
特にケーブルに関してはアップグレードの必要無しと表記があります。実際にケーブルを見てみると、KB EARブランドで別売されているケーブルと同等のようなので、そのように言う理由もわからなくはないですね。
FullSizeRender
パッと見でもそのビルドクオリティの高さが伺えます。iPhone 11 Proのミッドナイトグリーンのようなカラーも個性的で好印象です。
FullSizeRender
横から見てみると、上から2pinコネクター、L・R表記、ベントが縦に並んでいます。何故かこの並びまでも美しく見えてきました。イヤホンオタクもここまでくると色々マズイのでは⁇と自分に問いかけ中です(汗
FullSizeRender
ステム部分は金メッキの銅製ノズルになっています。ステム径・長さは一般的なサイズなので、他社製イヤーピースの使用も問題なさそうです。
FullSizeRender
ケーブルを付けるとこんな感じ。意外にも小ぶりなことがこの写真からよくわかると思います。ちなみに非常にわかりやすい形状になっているので、フィット感も良好ですよ。

音質面
—————————————————————
それでは聴いてみます。視聴環境はDX200+Diamond(純正ケーブル・純正イヤーピース)です。

一聴してみると、商品説明通り音のスピード感と解像度が上手く合わさった弱ドンシャリサウンドだということがわかります。スッキリめの高音域にボーカルを響かせ低音域をいい感じに盛る流行りの音作りになっているようです

・高音域-★★★★★(5)
透明感・解像度の高さがDiamondの高音域の特徴です。量感としてはそれほど多くないものの(高音域を)目立たせたいんだろうなという狙いが汲み取れます。透き通るような様は音の立ち上がりの速さから生まれるもので明瞭とはまた違った作りのようですね。
ちなみに音質傾向を弱ドンシャリと表現しましたが、シャリついたり刺さったりということは皆無なのでご安心を。弦楽器の鳴り、伸びやかさといった点で少し甘いかなという感想ですが全体的に金物成分含め綺麗に鳴る印象です。

・中音域-★★★★☆(4)
ボーカルは再生環境にもよりますが、若干凹みがちなのでボーカルホン好きには辛いかもしれません。柔らかくスムースで厚みもそこそこ、余韻も感じられるような広がりのある音を奏でてくれます。とは言っても何か物足りない印象を受けました。もう少し前の方に出てきてくれればもっと良くなりそうですね。

・低音域-★★★★☆(4)
低音域はしっかりめに沈み込み、量感もたっぷりに鳴らしてくれます。下支えポジションとしてしっかりしている分、キレは控えめでちょっと爪が甘く感じる場面もちらほらありました。その一方で、低音好きにはピッタリの楽しく聴けるサウンドになっているとも思います。低音域の輪郭のわかりやすさと沈み込みが合わさった出音なので、その理由はまさにという感じですね。

まとめ
—————————————————————
FullSizeRender
・総評-★★★★★(5)

この価格でこの音とデザイン。非常にレベルは高くKB EARの進化は今後も止まらなさそうです。このくらいの価格帯というか…このイヤホンを買う人はある程度マニアな方だと思うので、(個人的に)もう少し堅実な音作りの方がウケそうな気はします。全体を通して若干のもったいなさはありますが、この音とデザインなら買っても後悔はしない良い機種だと思います。

購入リンクはこちら
—————————————————————
5%オフクーポンコード:6SELWYLT
​2020年5月31日23:59までWTSUNオーディオ販売のKB EAR Diamondがクーポンコード適用で5%オフになります。